2013/04/06

Today's Flowers of My House 2

その2

P1050624_9P1050631_2


P1050626_8

P1050642_5P1050644


P1050643

P1050652
P1050639

P1050649


P1050653P1050657


P1050654

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Today's Flowers of My House

一挙に公開 その1

P1050623_10P1050629

P1050627

P1050630P1050634


P1050632

P1050636P1050646


P1050640


P1050648P1050651


P1050650

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/26

お嬢さん 出逢い系は売春です

 今やメールは家族にも友人にも世界がつながる必需品だ。電話連絡は嫌だがメールなら平気だ。電車の中や会議中でもメールなら連絡が着く。言い難いことはメールで済ませてしまおう。電話はなるべく出ないようにしている。メールには出来るだけ早く返信をするべきだ。思いつくままに上げてみたが、貴方は幾つ当てはまりますか? 二つ以上当てはまる人は、メール依存症と言っても良いのでは?

 依存症には、その他にアルコール依存症が有名だ。全国9千病院の内、実に1000にも及ぶのが精神病院だそうだ。その内アル中専門が幾つかは知らないが、アル中治療中は260万人に及ぶとか。その他には、薬物依存症阿片戦争なんてのも有った。北朝鮮や南米の某国は国家が覚せい剤や大麻を密輸しているとか)、ニコチン依存ギャンブル依存、等が有名だ。多重債務者の借金地獄も依存症と言えるかもしれない。

P9200002_2  「可愛いティーンがパパを募集」「Hペットを飼いませんか」「定期的セフレ」「不倫したい人妻」「やりたい盛り」「いろんな男性とエッチを楽しみたい」「女子大生とムフフ」「お会いできますか」「お嬢様と関係を」「心身を癒されたい方」「すぐ会えるとお聞きしました」「即アポセフレ」「セフレ捜し」「絶対に会えます」「今夜泊めて下さい」「即S○X」これらも一つの依存症かも知れない。S○X依存か、お小遣い依存かは知らないが。

 誘い言葉は他愛も無い、あるいは可愛い言葉との認識が有るのだろうか。若い女性の代りにおっさんがキャッチコピーを作っているのだろうが。それを手軽に利用するお嬢さん!!! それって2回やったらツーですよ。もう職業です、売春婦と云う名前の。人類最古の職業と言われていますから、するなとも言いませんが、援助交際の状況によって「売春」と「妾」に別れるのでしょう。でも自覚してね。現役女子高生のプロの皆さん!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/23

09年 横浜初霜 時候のご挨拶

 近年では知己・家族への連絡はもっぱら「e-mail」と云う人は多い。若者の中には、話は嫌いだが、メールは欠かせないなんて人もあるらしい。e-mailは簡潔に。いや冗長を良しとするチャットも有るらしい。仕事でも、会議中とか電車内とか電話に出られない時に、e-mailは大変有り難い。この10年の通信事情の変化は、ベル電話会社が出来てからの百数十年に等しいのではないか。

 手紙派には厳しい世の中で、改まった手紙を書かない世の中になってしまった。手紙にも「お仙泣かすな、馬肥やせ。」なんて簡潔な例もあるが、多くは味わいを旨とする。俳句に季語が有る様に、手紙には時候の挨拶と云う特有の文化が残る。お約束事の中にも文句を選ぶ感性やひととなりが出て来るものだ。事務的な手紙にさえ未だ残る「美しい文化」と言えるのではないだろうか。

P1030271_3  11月なら「めっきり冷え込み、霜も降り始める頃となりました。」なんてのも一例だ。もっとも太陰暦の時代の文化とは少しずれているが。暦では霜降は10月末立冬は11月上旬になってしまう。しかし季節は暦に係らずやって来る。先週の20日金曜日は、横浜でも霜が降りた。前日の日中から気温は下がり続け、明け方に今シーズン一番の冷え込が有り、我家の裏は霜が一面に降りた。昨年は11月30日だった。

 「いや、今年の11月は寒いですな。11月からコートを着たのは久し振りですよ。」「いや例年通りじゃないの。」あれあれ、半世紀以上も生きて来た人も毎年の事をはっきり覚えていない。「霜ですか、さあ例年は何時頃でしたっけねえ。」常套のご挨拶だ。何故こんなに記憶があやふやなのだ。もしも業務上でこんなあやふやな記憶・記録だと即日の更迭・降格・左遷・肩たたき間違い無し。「きみ、首だあ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/27

第29回若葉台夏祭 顛末

P10301162  一昨日の7月25日は「祝:若葉台誕生30周年、旭区誕生40周年、横浜開港150周年」を銘打って、29回目の若葉台夏祭が開催された。心配された天気は上々。その故か人の出足も例年より早く、我が模擬店も場所の不遇をモノとせずに、16時の開店からお客が切れず多忙を継続した。目標通り花火打ち上げの直前の7時45分にフランクフルト1000本、フライドポテト80Kgも完売だ。

P10300922  曇りの予報もはずれ快晴強風の中、8時にテント搬入設営し、食材は11時から現地で解凍開始、2時半の仕込み開始(道具の手違いでポテト開始遅れる)から7時45分の売り切れまで、人手不足も有って、ついにヒマ無し。ただし8時の花火打ち上げ前に完売は良かった。その後は10時の消灯まで従業員の福利厚生が盛大に行われた。

 模擬店とは言え、先ずは店舗の経営計画を作成する。売り上げを伸ばすのか、利益を確保するのか、従業員満足を優先するのか、顧客満足を目指すのか?それを基に仕入れを比較検討、予算と人材投入に腐心し、作業手順を決め他店を研究天候に気を揉んで、販売が始まったら後は一心不乱に業務遂行するだけ。

 日頃の社会生活も祭の無償労働も実は余り変わりが無い。好況も不景気も、収入の増加や減少も、裕福でも貧乏でも、出世しても失業しても、人間の本質には変わりは無い。私は私でその他には変わりようが無い。一緒に汗を流す人達と、あるいは一日限りとは云え大事な模擬店客様との縁。大事にしたいものです。今日、貴方は仕事プライベート縁を大事に出来たでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/01

仏教とキリスト教の類似性

 子供の頃は上方の元近衛領の町で育った。日々の遊び場には事欠かなかった。空き地小学校の校庭での野球は日常だ。その他に神社・お寺の境内も重要な探検場所だった。勿論季節季節には、テキ屋も集合するお祭りの夜店が並ぶ。祭りの日は神殿に上って、神妙に神楽を見て落雁をいただく。上方では神社・仏閣は生活と結びついている。

Florence3  イタリアでは、ほとんどの教会が一般開放されていた。郊外では庭園も遊び場になるし、内部は都心・郊外どちらの教会でも参観が自由だった。計画と技量が無いと物に出来ない希少のフレスコ画見るのも、日常茶飯のミサへの参加も自由だ。小銭を置いてのCandle lighting も普通。何を祈るのかは、日本の神社へのお参りと同じで、都合の良い神頼が多いのだろう。

P1020361_2  川崎大師にお参りしてきました。お賽銭を投げ、お線香を灯して仏様に勝手な自己都合をお願いする。祈祷料を払って、護摩かした(護摩は真言宗・天台宗のみらしい)。事業繁栄と厄除けを願ってきました。収穫は僧都から合掌の意味を教わりました。神を意味する右手人間を意味する左手を合わせて一体感を得るのだそうだ。五鈷杵も同じ意味だそうだ。

 合掌は、カソリックの十字を切って三位一体を意味するのと似ていますね。曼荼羅絵と教会内壁のフレスコ絵は同じ様な意味を持つのだろうか。お賽銭=小銭、お線香=Candleお札=ミサ合掌=クロス。∴仏教=キリスト教? 人間は髪の色が、肌の色が、言葉が違っても、大体同じ様なモノだ。人種が違っても同じ様なもので判り合えるのに、身近な人と仲違いするのは何故だろう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/09/27

お彼岸は世界共通なんですね

 立山と白馬岳は今日、初冠雪が発表された。平年より12日早との事だ。今シーズン初の積雪かと思ったが、どうやら様子は違うようだ。旭岳と羊蹄山は9月24日富士山は何と8月9日だった(発表は8月下旬で、平年より53日早かったらしい)そうだ。官製の初冠雪は初雪とは意味が違うらしい。それが雪でもヒョウでも、麓から確認した日が初冠雪だそうだ。お彼岸の頃は初冠雪の季節だ。

P1020046_2   暑さ寒さも彼岸まで。太陽は真東から昇り、真西に沈む。真西の彼岸の日を忘れてしまった。お墓をお守りしていないものだから、お墓から遠くに住んでいるものだから、お彼岸が過ぎて墓参りを思い出してしまった。こうして核家族の日本から継承文化は廃れて逝のでしょうね。彼岸は西に有るらしい。

 お彼岸の供養も、爺さん・婆さん・親爺さんの供養と言うよりは、仏壇の過去帳にあるご先祖の皆さんと、墓は別の叔父叔母を含め親族全てを供養するのだろう。お盆ではこの世に帰ってくるご先祖を迎え、又送り返すと言う。仏教から離れて日本独自の習慣・宗教?活動と言われる。

 でも欧米にも同じ習慣が有る。11月1日のAll saint`s dayは諸聖人の日と訳されるが、ALLhallowsと書けば(独語ではAller heiligen)、364日各日に決められた聖人では無く、無名の聖人やご先祖の日と解する事が出来るという。翌日は死者の日と呼ばれる。この前の2週間花屋さんの大忙しの日だそうだ。墓を花と蝋燭で飾る。いわゆる書き入れ時ですね。前日は皆さんご存知のAll saint`s day's eveのハロウィンだ。亡霊を避ける風習が日本にも紹介されている。もっとも、この日鉄砲天国の国で射殺された日本高校生もいた。ペイリンは銃愛好家だそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/10

菊見酒 重陽の節句 文化の先輩

 昨夜はいささか飲みすぎたようだ。人は飲めば心模様が普段と変わる。それに付随して起きる事件もまた、人生の一部分と心得る。これに対する処理も又、人生なのだ。酔っ払いのしゃべりや行動は犬の小便「マーキング」の様な物かも知れない。結果、予期せぬ言葉を浴びせられた方にも、無粋なメールを受け取った方にも、同情はするが謝る事はしない。何せ9月9日はお酒の節句ではありませんか。本音では無い次元の違う世界が存在した。

Sany0037_2  中国、評判の悪い中国も昔から日本人の「お手本」「文化の先生」であった事を否定する人は居るまい。陰陽の見地から「最大陽数の九」が重なると縁起が良いとか、悪いとか諸説あるらしい。太陰暦で云う日付9月9日なら季節は菊の花盛りか。邪気を払うと云われる菊の盛り。菊の露で体を拭き、菊を愛で菊花を浮かべた酒を飲む。智慧が詰まった中国文化でも、後輩文化の倭でも、やっぱり人生は酒に至るらしい。

 中国文化は停止したと言われる。新しい詩文は聞こえない、作家は出現しない。先達の思想と気功を継承すると云われる法輪功は迫害される、WEBは国家政府に統制される。文化の大革命と呼ばれる数千万人の粛清運動、権力闘争が中華の文化を破壊し尽くした。でもいずれは・・・。北京五輪の開会式でも、良かれ悪しかれ芸術能力の片鱗は見せた。眠れる獅子はいずれ立つだろう。文化、詩歌や食・酒でね

 そう、かの太白先生も詠ってるでは有りませんか。酒だ。人と飲むなら「人生は得意、すべからく、歓を尽くすべし」。まさに酒を勧めん一人なら、名月を迎え、影に対して三人と成る。言わんと欲するも我に答える者無し。飲み方も様々。そう、智慧は詰まっている。その溢れる智慧と文化の角を矯め、独善の唯我独尊で世間のひんしゅくを買い続ける。まさに某国政府は、貴方の会社その物のようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/28

盛夏の花 2

P1020027

Sany0008

百日紅

百日紅

P1010751_2

P1010761

夾竹桃

夾竹桃

P8180026

P1010931

鉄砲百合

夏の華

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/27

盛夏の花

P1020025_2_2 

P1020043_2

某家に咲いていた酔芙蓉

viola

P1020012_2

P1020016_2

 かぼちゃの花

朝顔

P1020060_2

P1020061_2_2

月見草(待宵草) 

スズランの葉・実とセミの脱け殻

| | コメント (0) | トラックバック (0)