2009/06/04

対北朝鮮 戦略は? 説明責任は?

 6月4日は「虫歯予防デー」だ。もし世界が67本の歯だとすれば、北朝鮮と言う虫歯は0.25本に過ぎない。でも隣りの1.3本の健全な?歯にとっては脅威だ。虫歯菌(ミュータンス)の発生する酸により歯が溶かされ穴が開いた状態に為る事を「虫歯」と呼ぶらしい。虫歯のたちが悪さ加減の一つに、初期には自覚症状が無い事が上げられる。

Sany0056_2  我が国の政府はこの虫歯菌の様な国の「脅威の程度」を国民に知らせる義務が有る。又、この菌が「何をもたらす恐れが有る」のか、「どんな準備と防御が必要なのか」「今どの程度の防御体勢にあるのか」、今後「行うべき予防対策は何なのか」「費用はいくら掛かるのか」を説明する責任が有る。

Sany0072_2  戦争は駆け引きだ。北朝鮮と他の国は、もう戦争状態だ。中国・ロシアは駆け引きで動いている。西側諸国も効果を出す為の駆け引きと戦略・戦術が必要だろう。効果的な「アメと鞭」を見つけるのは難しいって訳か。アメリカは伝統的に強硬派として、イラクの様に解決を台無しにする

 ルーズベルトの強引な主張に拠る「カサブランカ宣言」の無条件降伏要求は、恐怖心から日独を2年間持ちこたえさせたと言われる。戦争にも勝者・敗者に暗黙の了解が必要な訳だ。いわゆる一般社会でも家庭でも、相手か目下を叱っても、逃げ場を与えないと、窮鼠猫を噛む訳だ。叱るのにも戦略を考えていますか?叱り下手な上司、滑稽ですね。貴方は違うけれど。

すみません。写真は中国の牡丹江です。誤解の無いように!

| | コメント (0) | トラックバック (1)