2010/10/09

中華の心 尖閣とノーベル賞に見る

P1030955_2_3  また遣って呉れました。何を? いや、有り過ぎて何の事やら。最新はノーベル平和賞授与に向けて、「ノルウェイさん、対中国貿易は諦めるのだね?」と恐喝した? (ノーベル賞はスェーデンで選考と思っていたら平和賞だけはノルウェイで選考だったのですね。)ノルウェイの対応は恐喝に屈しなかったと言う事か。アジアの某大国にも見習って欲しいですね。あら、アジアの某大国の建設会社の最後の一人も釈放だとか。触法してなかったのでしょうね。尖閣報復みえみえですもの。

 話題の中国、いや中華、China、PRC(people's repubric china)、どーせチャイナの事だもの。念の為に言っておくと人は親切立派な人が多いです、知っている限りでは。しかし支配階級では、どうかな。和食の振舞いは客人お膳で出す。毒を盛ると卑怯で武士道からさげすまれる。客も毒を疑っては武士道から外れる。中華は大皿から客人に取り分け、主人が先に食し安全な事をアピールしてから客に食す事を勧める。毒を盛らなかった事を証明する。

 チャイナの自国の利益確保の技術は見習うべきだろう、方法論は別にしても。アフリカや中東への凄まじい経済供与と進出はもっぱら将来の資源確保との事だ。通貨安も強引に保つ。日本からの経済援助も継続要求(途上国の権利だそう)人口13億人居て官民の統制が一本だから上には秀才が揃っている。尖閣の対応を見ても、先ずは強引に所有主張。各論での対応は外交宣伝・対外主張・経済圧力・世論形成・刑事立件。彼らは4千年の中華思想で支配に習熟している。庶民に至るまで「多少銭」の精神で、通ればリーチの値切る・主張する民族だ。失敗しても悪びれない。

 アジアの某大国は人口10倍のチャイナに負けるのか? ノーベル賞の北大鈴木名誉教授が明快な意見を述べられた。科学技術では人口が10倍居ても同等技術者が10倍いる訳では無い。そうさせてはいけない。日本は科学立国しなければならない。科学で優位に立たなければ日本は滅んでしまう。「2位ではいけないのか。」と云うのは日本を知らない人だ。そんな政治家は日本にはいて欲しくない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/05

天安門事件 中国政府は旧日本帝国に酷似

 6月4日は、「天安門事件」の20周年記念日だそうだ。今日の報道によると、香港では15万人の集会が有ったそうだ。天安門のその場では、私服の警備員が観光客よりも人数が多かったとの推計も有るそうだ。15万人は何を主張したのか? まさか当局万歳を主張した訳では有るまい。「民主化を要求する」と言う事か?

P1030017_3  わが国では、学生が大学自治の民主化等を訴えて、日大闘争・東大安田講堂事件などが1960年代に起きた。文化的には衣食足りた頃に精神的要求闘争事件が起きるのかも知れない。中国で20年後に起きた事件も、その面では納得できるかも知れない。「フランシーヌの場合」は樺美智子事件と並び語られる。 (写真は芍薬)

 しかし、その後の国・社会の対応は余りにも違う。余りにも悲しい。第2次大戦について「正しい歴史観を持たない日本、教えない日本」と糾弾する政府は、天安門事件について「正しい歴史観を持たず、教えない中国」になっている。国際社会の要求する「事件の概要・死者・行方不明者に付いての説明」を頑なに拒否する姿勢は、彼らの責める旧日本帝国に酷似する。

 事の正誤は、今は判らない。心情的には民主化要求が正当だろうと思えるが。判断は歴史に任せるしか無いのかも。物には二面性がある。「今日出来る事を明日に延ばすな。」はベンジャミン・フランクリンの有名な金言だが、ラテン系には「アスタマニアーナ(明日でよい事は今日するな)」の教えも有る。反対意見を撲殺する時、権力主導の民主化はやはり民主化の精神を失うのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/10

菊見酒 重陽の節句 文化の先輩

 昨夜はいささか飲みすぎたようだ。人は飲めば心模様が普段と変わる。それに付随して起きる事件もまた、人生の一部分と心得る。これに対する処理も又、人生なのだ。酔っ払いのしゃべりや行動は犬の小便「マーキング」の様な物かも知れない。結果、予期せぬ言葉を浴びせられた方にも、無粋なメールを受け取った方にも、同情はするが謝る事はしない。何せ9月9日はお酒の節句ではありませんか。本音では無い次元の違う世界が存在した。

Sany0037_2  中国、評判の悪い中国も昔から日本人の「お手本」「文化の先生」であった事を否定する人は居るまい。陰陽の見地から「最大陽数の九」が重なると縁起が良いとか、悪いとか諸説あるらしい。太陰暦で云う日付9月9日なら季節は菊の花盛りか。邪気を払うと云われる菊の盛り。菊の露で体を拭き、菊を愛で菊花を浮かべた酒を飲む。智慧が詰まった中国文化でも、後輩文化の倭でも、やっぱり人生は酒に至るらしい。

 中国文化は停止したと言われる。新しい詩文は聞こえない、作家は出現しない。先達の思想と気功を継承すると云われる法輪功は迫害される、WEBは国家政府に統制される。文化の大革命と呼ばれる数千万人の粛清運動、権力闘争が中華の文化を破壊し尽くした。でもいずれは・・・。北京五輪の開会式でも、良かれ悪しかれ芸術能力の片鱗は見せた。眠れる獅子はいずれ立つだろう。文化、詩歌や食・酒でね

 そう、かの太白先生も詠ってるでは有りませんか。酒だ。人と飲むなら「人生は得意、すべからく、歓を尽くすべし」。まさに酒を勧めん一人なら、名月を迎え、影に対して三人と成る。言わんと欲するも我に答える者無し。飲み方も様々。そう、智慧は詰まっている。その溢れる智慧と文化の角を矯め、独善の唯我独尊で世間のひんしゅくを買い続ける。まさに某国政府は、貴方の会社その物のようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/22

外部の血

 雲南省昆明バス爆破事件有り、2名死亡14名負傷との報道。五輪時期のテロ再発に神経を尖らせる中国政府。一般市民を巻き込むテロは誰もが心配になる。しかし政府は「五輪との関連は無い模様。」との捜査発表。え、操作発表だって?インターネットの不適切サイトの排除等、政府の必死の締め付けにも拘らず、チベット騒動・聖火リレー妨害など共産一党支配ほころびがチラホラ。

 一方、同じ共産主義国家の北朝鮮では金剛山で韓国人観光客射殺事件で、説明の矛盾指摘にも「韓国政府は謝罪せよ。」と居直り、状況証拠に劣勢が見られると「17歳少女兵士の誤射説」なんかが飛び出してきた。日本政府の国際世論作り戦略の不手際が続く「拉致問題」では、いい加減な日本を6カ国協議から排除しとの牽制も出ているようだ。共産主義の理想は別にして、「共産主義国家が陥り易い罠」は、ソビエト・東欧を含め、良く判った。

P1010810_2  しかし中国暴動には一定の評価が与えられるのでは無いか。批判勢力が主張・行動をすることに対し政府が抑えきれない時代になった。単なる恐怖政治の時代は終焉を迎えたのか?長い時間的な眼で観ると、いよいよ自由化へ一歩が動き出したのかもしれない。留学生・企業家を初め国内へやってくる外国人や、外国から帰ってくる留学生等から外界の様子が世間に段々伝わって来ると、目隠しされた世論も目覚め始めるのだろう。

 時速350kmの新高速鉄道もまもなく開通する。しかし未だ今の政府では、日本の新幹線とドイツのシーメンスをベースにした2種類の車両も「外国の技術を参考に、国情に合わせ自主開発した車両」になってしまうのだなあ。でも外人や帰国青年からの影響は、「中華」の人々を確実に変えていきそうだ。貴方の会社も外部の血を必要としてませんか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/06/16

敵を知り己を知らば

 岩手・宮城内陸地震は発生から3日目経った。死者は10人、行方不明は13人との報道だ。人的被害は少ないが、各処で道路寸断土砂崩れダムの形成など、かなり大きく地形が変わってしまったようだ。マグニチュードは7.2。阪神大震災が7.3だから、相当大きな地震であったことが判る。もっとも四川の地震は7・9だそうだ。

P1010690_2  四川大地震も1ヶ月を迎えた。こちらもミャンマー同様に救援拒否聖火リレー平常続行で叩かれたが、胡錦濤国家主席の対応修正で、その後非難記事は目に見えて減った。地震の被害は、死者・行方不明者が8.6万人。でも影では倍は有るのじゃないかとの噂も根強い。一人っ子政策から隠された無登録の膨大な人口が有るとの事から、戸籍の無い多数が亡くなっているだろうとの噂だ。

 四川でも地形の変容・土砂崩れダム形成の規模は大きい。死者の大多数は「おから工事」の建物の瓦礫の下にある。この国の伝統の利益追求と自己正当性主張言い訳の逞しさ・・・。五輪イメージの無断使用による「震災Tシャツ」の大ヒット等、中国ならではの商魂、「a dog-eat-dog business」儲ける事が正統派と称される。海賊版作成や知的財産の無断使用に寛容な一般常識の形成がうかがわれる。

 「生きて行く為に商売をして何が悪い」「生きて行く為に嘘をついて何が悪い」。中華思想の支配階級の他に逞しき人民が居て中国と言う国が成り立つ。争い事はチンパン青幇がさばく。華僑と中華思想とヤクザ組織が微妙に、混ぜ合わされた国、中国。日本政府に欠けているのは対中国の戦術だ。己を知って猛進しても、相手を知らなければ百戦連敗だろう。貴方の会社はライバル会社を研究できているでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/05/01

北京五輪聖火リレー

 は古代から希望を象徴しあがめられて来た。どの民族も同じだろう。天照大神もゾロアスター教も、光を光明を希望とする。マツダ自動車だって光明神「MAZDA」をもじっていると言われている。40年前、某若者も生き様に悩み落ち込んだ時に、暗くした部屋の中でマッチ棒を井桁に組んで燃え盛る炎の光を見つめていた事がある。ただ光明は見えず更に落ち込んだだけだったが。

P1010343_2  近代オリンピックの聖火は、古代オリンピックで大会の開催中にゼウス神殿で燃やされ続けたと言う伝説に基づき、模されて点燈されるようになったらしい。100年にも満たない新しい行事だ。その本音は、オリンピック開催の宣伝と周知とされる。商業主義の極みで、ランナーの選定や走行コースは話題性が求められる。特に最終ランナーは重要で、ヌルミ・モハメドアリや孫基禎なんかは話題性充分だ。東京五輪では、原爆記念日に広島県で誕生の陸上選手Sさんが最終ランナーに指名された。

 北京五輪は批判が高い。人権問題や大気汚染など。世界の大気汚染の2割が北京に漂っているなんて話題も有って、マラソンの絶対王者は健康重視でマラソン不出場を決めた。ハイレゲブレシラシエ。今聖火リレーでそんなに騒ぐなら最初から落選させておけば良かったじゃないか。IOCは何時も不見識のかたまりに見える。北京が中国が特段悪いとは思えない。聖火リレーを独裁国家の威信を掛けて強引に「成功」させようとしているのは、いつもの中国のやり方じゃないか。

 チベット問題だって、今浮上した問題では無い。49年間に渡るチベット亡命政府の存在は中国共産党とチベット民族の長い戦いを物語る。中国共産党指導者にとっては、今触れられたく無い問題だろう。「何故、今持ち出すのだ?」。外せない資源の領土問題だ。長野での抗議運動の激しい部分は日本人大人しい部分はチベット人との見方もある。チベットシンパは、チベットのダライラマの敵になっている自覚が無い。贔屓の引き倒し、どこの会社にも有り勝ちですね。気をつけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/06

中国の春は世界の冬か

 今年は暖冬だが実は北国の冬は厳しいんです。野原で立ちションなんかしようものなら地面の方から段々と根元の方へ凍って来んです。喋る筋肉も凍って駅の売店で「新聞下さい」と喋りたければ、5回位練習してから云わないと「ひんぶんくりふぃい」としか聞こえません。

 もっと寒い国に行くと、喋る言葉が凍ってしまうんですよ。全く聞こえなくなるんです。それでも皆は、春になると凍っていた声が解けて聞こえ始めるんだと楽しみにっているんです。馬鹿コケだって?ほんとだってば。落語の世界じゃないんですよ。

 脱北者の悲哀知ってるでしょ。ロシアの天然ガス事業知ってるでしょ。中国の「公平と正義の社会」知ってるでしょ。そう、中国の全国人民代表大会が始まりました。各地の行政区のエリートと軍部の代表が集まって立法と政策決定をするのだ。昨年哈爾浜滞在中に読んだ(見た)新聞なんか「人大」一色でしたね。お祭り騒の様に、誰それの一挙手一投足が芸能記事さながらに成っているようだった。官製新聞だから。

 今年の温首相政府活動報告で「権力は憲法法律を守れ」「贅沢三昧の禁止」「豪華役所の建築禁止」「公務接待を規範化」などを訴えたと云う。彼国から代表でない人民の声は聞こえない。人に真・善・忍を説く団体とは相容れないのも周知の事実だ。春になって凍っていた声が聞こえ始めた時、中国の環境汚染の凄まじさが知れ始めた時、今回の中国株価下落どころでは無い経済冬の時代が全世界に舞い戻るのかも。破綻は近い。皆さん用意は大丈夫かな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/22

中華街の正月

P2220012_2  2月18日は旧暦の正月でした。中国暦でも春節いわゆるお正月でした。中華街のあちらこちらで慶祝獅子舞・中国雑技・中国歌謡・京劇等が演じられた様です。横浜中華街も完全にお正月気分です。イルミネーションと提灯もお正月用です。関帝廟(三国志の関羽を祀る。その実直さから商売の神様になっている)も媽祖廟(天上の聖母を祀る。航海疫病戦争から守ってくれる)も。

P2220004_2  Chaina Townは世界各国に有るらしいが、国内の中華街で有名なのは神戸と横浜でしょう。私は何故か幼少の頃住んだ阪神地方、今の棲家横浜と中華街、華僑の街にはなじみがある。逞しい生命力の中国人の街も政治の世界とは無縁ではいられない。横浜華僑総会も台湾系と本土系に分裂して久しい。民俗芸能や祭祀の伝統にも危機が伝えられる。(日本社会は分裂しなくても危機か)

P2220005_2  中国人は華商として商売の素質で有名だ。神戸・横浜の中華街は開かれた港に来た欧米人が通訳としての華商を連れてきたのが始まりと言う説が強い。そう、華商は語学に強いのだ。だから何処でも商売が出来るとも言える。横浜ではご主人の欧米系をしのいで繁栄してきた。中国国内にも何故か華僑飯店(哈爾浜)と云うホテルがあったっけ。

 ユダヤ人も同じ様に世界各所で金融・商業の中核をなしてきた。これも語学に長けた民族の故と言う仮説はいかがだろう。バックグランドの違う処でその才覚を発揮するのは中々大変だ。主流学閥が跋扈する中、少数派の学閥で苦労する貴方も良くご存知ですよね。見習い甲斐が有るかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/16

中国の脅威 衛星破壊事件

 中国は4000年の歴史の国と言われる。紀元前から日本の平安時代程度の文化と繁栄を誇示してきた。飛鳥・奈良時代に行基菩薩は中国に追いつく様に行動で孤軍奮闘したが、ついに想いは果たせなかった。文化文明は一人ではどうにもならないのだ。捨石くらいには、いえいえ恐れ多くもそんな言葉は出せない。

 元々中国の中華思想とは様々な王朝形態の中で「世界の中華」として求心力として宗主国の責任(流通も文化も)を果たして来たのだ。だが世界を束ねる中国の威信も女真族の時代からは段々怪しくなってきた。外敵が国を牛耳っているのだ。明らかに清王朝時代から中国は世界をリードする国ではなくなった。お前の国の発展の為にとのさばる欧米の、日本の横暴に屈辱の日々を過ごす事になった。

 世界の平和と秩序に貢献するべき歴史を持つ中国は、衛星爆破の実験に成功した。そしてその宇宙チリは今後永久に宇宙ステーション他各施設への破壊脅威となってしまった。だが各国の批判も意に介さず「わが国は宇宙の平和利用を宣言する。」とのコメントを出した。共産主義国独自の、自己中いや中華思想と言うのだろうか。

 人口の多さで経済の規模が大きい。発展途上だから成長率が高い。ガソリンを買えば原油高騰、鉄を買えば鉄鋼価格暴騰40%。行き詰れば世界が風邪をひく。そんな責任は感じない人の迷惑顧みず。何しろ「多少銭」の国だから。通らばリーチの国だから。天安門の国だから。人の振り見て我が振りなんとか。皆の心配と批判をよそに唯我独尊の状態は、あら、何処かの経営者に似てますね。耳が痛い?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/29

才能 成果 過程

 この間東京へ行った時に、某都市銀行役員OBいきなり質問をされた。「君、横浜には区は幾つ有るのかね。」「さあ、ちょっと定かでは有りませんが、17~8だったかと思います。」「うむ。18だよ。今まで横浜関係の人、随分多くの色んな人に質問したが、答えられたのは君が初めてだ。」「いやまぐれですがね。」

 中国には省は幾つ有るでしょうか。この方が答え易い。ま、これは答えられる人は多いでしょうな。「台湾を入れると23省、他に同格の自治区5直轄市4特別行政区が2有ります。」なんてね。EU加盟国の数は?世の中には数字に強い人、苦手な人の2種類が有る。「地図を読めない女、話を聞かない男」なんてのも有る。今月は「酒を飲めないなんて人生の半分を知らない人だね。」なんて話題が似合う月だった。

 得意は数字か、心理学か、手先か、スポーツだって筋肉の種類によって合う種目合わない種目が有る。営業屋さでも新規開拓が得意な人、エイジングが得意、クロージングが得意な人、様々だ。誰にだって才能は有る。その才能に気が付いた人は幸運だ。でもそこから先に進まない人もいる。もし才能に気が付いたら、その後は努力をするべきだ。結果は神のみぞ知る。

 「曲を書いて世の中へ送り出してしまえば、そこからはもう自分の物ではない。アイデアが浮かんで、それを知っているのは俺だけだ。そしてそれを書いたという事実が、何よりの俺の幸せだ。」ノエルギャラガーの言葉だ。プロ野球にも昔居た。「優勝が掛かった一戦の先発?緊張はしないね。ただの試験みたいな物さ。春のキャンプからここまでの9ヶ月間の節制も二日酔いも含めた俺の全てが今日の投球さ。結果は投げた球に聞いてくれ。」俺も言ってみたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)