« 山スキー:高妻沢右股 乙妻山の2297峰 | トップページ | なつやすみ »

2011/02/20

山スキー:燕温泉-前山

 日本スキーの発祥は上越高田連隊にオーストリア陸軍のレルヒ少佐が来日して一本杖スキーを伝授した1911年とされる。レルヒ少佐は日露戦争に勝利した日本陸軍の研究に来た訳だ。その年は関・燕経由で妙高山へ。翌年は羊蹄山を登頂し1912年秋に帰国している。
 日本スキー100年の半分以上に当たるスキー歴55年の相棒と燕温泉から妙高北東斜面の標高差1300mの大斜面滑走を計画した。ちなみに我輩は半分に満たないスキー歴45年だ。  

【山域】      北信/頸城 妙高・火打
【コース概要】燕温泉-前山-燕温泉
【メンバー】 Ume Monta
【報告者】  Monta
【日程】   11年2月19日(土)
【装備】   Dynafit170cm, Diamir-FR Garmont-Endrphin
       AtmicC6-18(95Wide)160cm Diamir-EXP Garmont-Adrenalin
【気象】     晴れ 曇り 晴れ -12~-0℃ 微風
【タイム】  燕温泉(1060)6:35-9:10(1500)9:25-10:35(1723)-11:25前山(1932)
              11:50-12:40燕温泉(1060)

 低温の好天続きの後、金曜は雪、土曜は晴れの予報だ。神奈川大井町を20時出発、妙高IC24:03割引通過。雪は激しく振り、関温泉から先は少し不安。関温泉の係員に聞くと「燕?、止まらなければ行けるよ。」では行くか。雪が激しいので温泉駐車場手前のトンネルの中に駐車仮眠とする。エビスと赤ワインで乾杯。2時就寝。

P1040342  5:15起床、駐車場へ移動する。6:35出発。-12度晴れ無風。妙高北東斜面を目指す。標高差1300mの大斜面、日当たりが悪く軽い深雪のはずだ。温泉街を出てすぐに急斜面をトラバースする夏道は無理だと判明。旧スキー場側緩斜面から沢へ入る方法を模索するが、行けそうな斜面は無い。あっさりルート変更で前山を目指す。余力が有れば妙高南面シュートへ行こう。

 尾根を忠実に登るが、かなりの痩せ尾根で斜度もきつい。結果的には南側の沢寄りを登った方が快適だと思われる。天候は晴れ、ガス、曇りと目まぐるしく変わる。日本海が見える時も有った。1600m辺りからは滑走斜面を残す為に、尾根北側を詰めてバージンスノーを残しておいた。ラッセルは膝辺り。膝を越す事も有ったが、苦にならない程度に軽い雪だ。途中からみる妙高北東斜面は、やっぱり良さそうで、何時か行ってみたい。
 
1850mで赤倉方面からのトレースに合流。人が途切れる事が無いくらいのラッシュになりペースダウン。昼前に前山に到着。先を見渡すとかなりの下り登り。妙高は遠い。前山から引返し、燕温泉で長湯に目標変更。

P1040363  滑走出だしはやや重。日が当たらない斜面は軽い。日が当たる斜面はやや重。登りトレースからはずれてフォールラインを滑っては斜滑降で戻る。1300m辺りの旧スキー場に近い辺りからは、いわゆる湿雪になってきた。

 燕温泉は硫黄含有の炭酸泉。一番駐車場に近い温泉宿で湯に浸かる。男性400円、女性500円だ。かの有名な露天は冬季閉鎖。眺めの良い室内浴場で長湯を堪能。2時出発で大井町に6時半到着。お疲れ様でした。 

写真:
http://www.photohighway.co.jp/AlbumPage.asp?un=20815&key=2346953&m=0

|

« 山スキー:高妻沢右股 乙妻山の2297峰 | トップページ | なつやすみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山スキー:燕温泉-前山:

« 山スキー:高妻沢右股 乙妻山の2297峰 | トップページ | なつやすみ »