« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/12/07

季節は冬へ 今日は節季の大雪 

P1040102_2  冷えると思ったら、5日に霜が降りました。初霜かどうかは不明ですが、私の心象では今冬の初霜です。最低気温は6度の日でしたが地表は0度になったという事でしょう。政治屋さんの季節ははや厳冬の様相ですね。問責決議案可決。懲戒処分可決?否決?誰の? 何ともお寒い季節になりました。バラエティに富んだ料理のつもりかも知れませんが、冷えた愚は喰えないですね。

 冷えた愚は種々有りますがその一つ、仕分け効果は1兆5000億円止まり。廃止や縮減は仕分け担当者の個人的嗜好としか見えなかった。行政の構造を改革しなければ無駄金防止対策にはならないでしょう。省庁横断組織とか考え方の刷新が先でしょう。行政刷新担当相を刷新しなければ、いやその上の党の戦略を刷新しなければ垢擦だけでは垢程度の効果しか上がらないでしょうね。

 他では外交問題かな。仕分け問題と同じで表面の現象しか見えないようだ。米露中北亜。政権党の皆さんは一度は民間企業へインターンに出た方が良いのではないかな。民間で、顧客担当営業マンが替わりました。新担当者がこれまでの顧客との付き合いの歴史も考慮せず、顧客の経営事情や社内組織の変更などを調べもしないで自社の主張のみで突っ張りました。これは完璧に喧嘩を売っている状況に陥りますね。敵を知らず己を知らずば百戦全て危うし

 反対勢力さんも、新入社員の失敗の一つ二つ位許せばいかがでしょう。顧客満足と自社の社益(国益?)を一番に考えれば、揚げ足取している場合では無いでしょう。助言を与え4年位やらせて成長させて、尚且つ、その成長した相手を上回る戦略を練り、戦術を構築して欲しいものですね。少なくとも、名古屋・阿久根・阿波には好き嫌いはべつにしても戦略は有ったと思えますね。上司批判の成果を上げられない社員は解雇しましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »