« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/26

お嬢さん 出逢い系は売春です

 今やメールは家族にも友人にも世界がつながる必需品だ。電話連絡は嫌だがメールなら平気だ。電車の中や会議中でもメールなら連絡が着く。言い難いことはメールで済ませてしまおう。電話はなるべく出ないようにしている。メールには出来るだけ早く返信をするべきだ。思いつくままに上げてみたが、貴方は幾つ当てはまりますか? 二つ以上当てはまる人は、メール依存症と言っても良いのでは?

 依存症には、その他にアルコール依存症が有名だ。全国9千病院の内、実に1000にも及ぶのが精神病院だそうだ。その内アル中専門が幾つかは知らないが、アル中治療中は260万人に及ぶとか。その他には、薬物依存症阿片戦争なんてのも有った。北朝鮮や南米の某国は国家が覚せい剤や大麻を密輸しているとか)、ニコチン依存ギャンブル依存、等が有名だ。多重債務者の借金地獄も依存症と言えるかもしれない。

P9200002_2  「可愛いティーンがパパを募集」「Hペットを飼いませんか」「定期的セフレ」「不倫したい人妻」「やりたい盛り」「いろんな男性とエッチを楽しみたい」「女子大生とムフフ」「お会いできますか」「お嬢様と関係を」「心身を癒されたい方」「すぐ会えるとお聞きしました」「即アポセフレ」「セフレ捜し」「絶対に会えます」「今夜泊めて下さい」「即S○X」これらも一つの依存症かも知れない。S○X依存か、お小遣い依存かは知らないが。

 誘い言葉は他愛も無い、あるいは可愛い言葉との認識が有るのだろうか。若い女性の代りにおっさんがキャッチコピーを作っているのだろうが。それを手軽に利用するお嬢さん!!! それって2回やったらツーですよ。もう職業です、売春婦と云う名前の。人類最古の職業と言われていますから、するなとも言いませんが、援助交際の状況によって「売春」と「妾」に別れるのでしょう。でも自覚してね。現役女子高生のプロの皆さん!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/25

イチロー奇蹟の日が なんで日本屈辱の日に

 22日は中秋の名月。久々に雲の心配も無く月見が楽しめた。秋風の中では無く、30度超の夜機械の冷風を浴びながら、ビールやきとりのレバーで一献、二献。ちなみに「やきとり」は豚肉で、「焼き鳥」は鶏肉だそうだ。あまりの月の美しさに、休肝日の予定は返上してしまった。23日はお彼岸の日で、祖先を偲びながら三献、四献。涼しく長い夜を「other side bank of border line Sanzu river」と言えるかな、ハローウィーンとも似ているなあなどと想いにふける。さて24日は・・・

 言わずもがなの大記録、イチローの10年連続200本安打。彼はメジャーリーガーのイチローであって、日本のイチローとは言わない。日本人の・・・の冠なら言っても良いか。2010年9月24日は記憶に留めておこう。あの1974年10月14日ミスターの引退日とともに。米国での評価、他の国での評価は新聞(偏向が有る事を了解の上で)でしか知らないが、ピート・ローズも認めたと言う事で良いだろう。

P1030940_2  そんな目出度い日に、茶々を入れた奴は誰だ。「中国人船長釈放」誰が決めたんだ。検事か?官か?それとも菅か? いまのところ、釈放に肯定的な意見は駿河台大名誉教授だけかもしれない。マスコミは凄い。官に反対意見のマスコミ群は大日本帝国風から脱却かと見間違うほどのバッシングだ。でもどこも同じ様な一律反対なのは、別の意味で大日本帝国風から抜けられないんだなあと思わせられる。

 あの頃、全共闘やべ平連では「何も言わないのはベトナム戦争に加担しているのと同じ」と一般市民を責めた。今、草の根市民運動が目立たない時代に一般市民は何をすれば良いのでしょう。居酒屋で政治談議に、口角に泡を飛ばして怒ってみても、肝心なところには伝わらない。議院内閣制度の日本では内閣総理大臣は直接選挙で選ぶ事が出来ないので、せめて総選挙に期待を懸ける(賭ける?)しか無いのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/23

小沢一郎 久々のヒット ?

  「小沢昭一の小沢昭一的こころ」なんて番組はご存知だろうか。37年続く化け物番組だ。言ってみれば、声に拠るブログとも言えるかも知れない。昔から小沢と言えば小沢昭一で、異色の味わい楽しみな芸人だ。そもそも番組も森繁の後継番組なのだとかと云う噂もある。最近、小沢と言えば小沢一郎なのが少し残念だ。これはつまらないからね。

 しかし、今回の小沢一郎は出色の出来栄えだった。民主党を会心の一発で救ったでは無いか。世論?では「菅が首相では日本は駄目」との噂だったが、小沢が一発で救った。脱小沢の一言のみで支持率急上昇、そして民主党安泰。きっと小沢一郎は民主党を政権に残す為に一芝居打ったのだろう。何も見えてこない菅内閣が支持率30%台から66%まで上がった。小沢が対立候補でなければ党内選挙に勝ってもこれ程の支持率上昇は無かったろう。恐るべし小沢か?そこに宇宙人の狂言回しも現れて、選挙を彩ったのは愛嬌か。

P1030943_2  そもそも小沢一郎のインタビューのしゃべくりは、人の共感を得難い。紋切り型で抑揚は女学生風。生い立ちは議員の二世で、大学院時代に亡くなった親の後継の為に学業を断念?した事に為っている。遺志は有っても意思は無かったと見える。角栄・金丸を信奉で越山会のもじりで「陸山会」では、小学生でも恥ずかしい命名ではないか。それで良しの神経なのだろう。

 今回こんな汚れ役も出来る、なんと素晴らしい演出家だろうと思ったのだが、やっぱり敵は多い様だ。「一兵卒になって協力します」に、「一兵卒にしてやろうじゃないか」と応えた敵方も居たとか居ないとか。民間の組織では、株主総会あたりで新社長候補を引き立てる為に、こんな対立演出をしたら立場上は退社か解雇しか無いでしょうね。やっぱり政界は魔物だ。就職経験の無い人が牛耳るから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »